読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「目指せ三代目」日記 ~江村工設/アイビー リフォーム&エクステリアスタッフブログ 

福井県敦賀市・リフォーム&エクステリアのアイビーでお馴染み?お馴染まない?の㈱江村工設です。施工例やイベントの告知、くだらない文章など上げていきます! 中の人は「目指せ三代目」「まずは目指せ専務」タカヒロです。 「三代目」とか「タカヒロ」とかまぎらわしいフレーズ入っててごめんなさい

ビフォーアフターみたいな劇的な訴訟沙汰にならないようなお店選びとは?+敦賀市でガレージのリフォーム工事

こんにちわ。エクステリア&リフォームのアイビー/江村工設(めざせ)三代目、江村タカヒロでございます。
え~、2016年7月26日お昼に書いているブログでございます。

劇的ビフォーアフターで訴訟沙汰に


福井新聞には載ってませんでしたが、今朝の中日新聞にこんな記事が乗っていました

www.chunichi.co.jp

建設会社の代理人弁護士によると、リフォーム代金は当初、2200万円の予定だったが、建築士や制作会社の指示で追加工事が複数発生。その結果、代金は約5千万円に膨らんだものの、追加工事費は支払われなかった。

これはいわゆるBtoB。つまり業者同士の支払いをめぐるトラブルです。

あまりにも「契約!契約!」 「書面!書面!」となるのも殺伐とするので、普段からつきあいのある取引先とは「ふわっ」としたかんじで現場が始まることもありますが(実際の施工はもちろんしっかりしてますよ)、この金額にまで膨らんでいながら途中でなんの話し合いもなかったのなら、ちょっと信頼しすぎだな、とも感じます。


実際にこういうことが起きるとしたら

リフォームのお仕事はすでにある物を一部壊して作業をすることが一般的です。

なので下地の木材の劣化具合など「めくってみないとわからない」とか「掘ってみないとわからない」なんてことも結構あります。もちろん外から判断する方法はありますし、できればあらかじめ把握しておきたいですが、ご予算や、工期がからんでくるとやむをえないケースもあるわけです。

そういうケースはできるだけ想定しておいて、「めくってみて損傷がひどかった場合は、改修に○○○円程度必要になります」などざっくりとでもお伝えしておくと、お客様もご納得の上で工事をすすめることができます。

ただ、たまに想像もしてない箇所で「え?あれ?ここをこんなふうに工事しちゃったの?」と驚いちゃう状態の下地があらわれる場合もありまして、当然、見なかったことにもできるわけないので、放置した場合のリスクなどご説明して、できるだけリカバリーするようにおすすめしています。

blog.g-ivy.com
過去にあったケース


そういう判断力があるお店を選ぶには?

じゃあ思わぬ増額や予算オーバーをしないですむよう、最初にいろんなケースを想定してプランニングをしてくれるところはどうやって選ぶといいのか。
ここからは僕の考えですが、いちばんわかりやすいのは「小さな仕事を依頼してみる」ことじゃないかと思います。
今のお住まいに特に修繕するところがなければ、ご実家やお勤め先で。

「だましだまし使ってきているけどかなり立て付けがおかしい、開閉の不自由な出入り口」

や、

「一箇所だけ踏んだときの感触がおかしい床板」

など、あまり大掛かりにならない修理を依頼してみて、小さな工事でも丁寧な説明をしてくれるかどうか。金額に変更がある可能性があれば、それを想定してくれているか。そして仕事は確実か。など。

小さい仕事はいい加減だけど大きい仕事は丁寧です!なんていう会社は多分ありませんから、参考にしてみてください


もちろん会社のPRのために書いているブログなので、「江村工設がそうですよ」と言いたいのは言いたいのですけど、工務店にかぎらずあらゆる業種でのお店選びの基準になると思います。家電でも衣類でも。

たとえば僕は「突き出し」や「お通し」とよばれるものが美味しい居酒屋さんだと、メインの食事にも期待が膨らみます。

自転車屋さんでパンク修理してもらった時に、最後にブレーキとかギアまわりを軽く確認してくれるとぐっと信頼感が増します

シングルCDのB面のほうがいい曲だったりすると、「…アルバムも買ってみようかな?」ってなりますけど両A面シングルの意味はは未だによくわかりません

ページ数の少ないギャグ漫画が好調な時期の少年ジャンプは全体的に充実していますし
地味だけど堅実な話運びのスポーツ作品をじっくり育てている時期の少年マガジンは伸びしろがスゴいです


みなさんのお仕事では、そういう「ここがちゃんと出来ているところは、間違いない!」みたいなポイントはありますか?
よかったら教えて下さい(;´∀`)


今日の施工例:敦賀市でガレージを半分解体してカーポート工事

ビフォー
f:id:ivy2256m:20160726174501j:plain
一台しか止められないガレージを解体して、2台用のカーポートをご希望でした。ガレージの後ろ半分は現状のまま倉庫として使いたいとのことで、半分だけ解体となりました。



アフター
f:id:ivy2256m:20160726174742j:plain
もともとあったガレージ内の土間は再利用して、足りない部分を増し打ちしました。
側面に雨よけの波板サイドパネルをとりつけて、雨の日も乗り降り快適です


f:id:ivy2256m:20160726174908j:plain
半分解体したガレージの壁面は新たにトタンでやり直しました。
向かって左側にあった細いシャッターを単体で移設して出入り口もナイスに確保できております(*´∀`*)


これも、やみくもに解体しても強度が維持できたかわかりません。どこを残してどこを足すか、正しい判断が必要になりますね







今日の一曲
youtu.be
なんかかっこいいw